業務用販売管理システム入替時に注意する事

こんにちは!

本日は最近何件かご相談頂いたシステム入替の件で気になった事を記事にしたいと思います。

業務用販売管理システムって何?

当店でよく取り扱う例で言えば「自動車整備業」「運送・倉庫業」など、その業種ごとに独自の事務処理方法があります。

基本的には見積書や受注書作成から納品書・請求書となるのですが自動車整備業であれば部品代と作業工賃が主な請求項目です。そして車は修理の履歴、顧客は元帳の管理を別で行う必要があります。

運送業であれば積地や着地または距離(タリフ)などが主な請求項目です。

このようにこの2業種だけでも請求項目がの違いがあるので同じ管理システムでは運用が出来ません。
したがってそれぞれの専用の販売管理システムが必要になる訳です。

しかしそれとは別に汎用の一般売管理システムもあります。
有名なメーカーであれば弥生販売があります。

購入方法

一般の弥生販売などはネットからでも家電量販でも購入する事が出来ます。
大きい家電量販店では最近の話ではありませんが、説明担当の方が在中していて様々な質問に答えてくれます。
当店でもお客様からの相談を受けて何度も話を聞きに行った事もあります。

そのような販売方法なので容易に購入金額を知る事が出来ます。

先程も説明したとおり自動車整備業や運送業などの専用システムはヨドバシカメラに買いに行ってもありません。
ネットで購入出来ると言えば購入出来るのですが、おそらくスグに購入出来るメーカーはないのではないでしょうか。
基本的にはネットで問い合わせてシステムの説明等を受け見積書の提出と言う流れです。
それは一般のシステムとは違い専用システムは随分とお高いのです。

そのため一般のシステムは買取ですが専用システムはリース契約の場合がほとんどです。

このように一般のシステムは食べ物を買い物するように購入出来ます。

専用システムはほとんどの場合、担当の営業マンが付きリース会社との契約となりますので手続きは煩雑です。
まぁ ほとんど営業マンがしますけどね!

購入後のサポートの違い


一般のシステムは多くは初回限定で期間を区切り操作方法などのサポートを電話で行います。
期間が終了すれば延長サポート(有料)を申し込めば引き続き操作指導のサポートをしてくれます。

専用システムは操作方法などのサポートは基本的にはリース契約期間内は行ってくれます。
別途料金の請求するところはほとんどないでしょう。先にサポート料金も含んでリース契約をしている場合がほとんどです。
方法も電話だけでなくリモートまたは直接訪問して行ってくれます。一般システムより手厚いのが特徴です。

入替理由

ここで言う入替とは同じシステムで入れ替えると言う意味ではなくシステムの銘柄を替えてしまう事です。
一般システムであれば弥生販売を販売王にメーカーを変更すると言う意味です。
申し訳ありませんが、一般システムについてはほとんど経験がありませんのでご了承下さい。
しかし理由はほとんど変わらないと思いますよ。

当店が聞いた替える理由の多くは以下です。

  • 値段の違い。
  • サポートに不満がある。
  • 担当営業マンの交代。
  • 担当営業と上手くいかない。

値段の違いは簡単ですよね!
どのような商品でも後発メーカーの方が値段が有利になる場合があります。システムを開発するメーカーも同じだと思います。
そのような後発メーカーの営業マンから「今と同じ機能で値段が半分近くになる。」と言われれば考えてしまいますよね!

サポートに不満があるについては結構重要です。
サポートに連絡をする時は基本的に今困っている場合がほとんどです。そんな時になかなか電話が繋がらなかったりすればそれでアウトです。

担当営業マンの交代についてはこれは本当に個人差がありますね!
営業マンもそれぞれですから本当に痒い所に手が届く営業マンもいれば、そうでない営業マンもいます。前者の営業マンが交代する時にこの入替の現象はおきます。

担当営業マンと上手くいかない。
人間同士の付き合いですから上手く行かなくなる事もあります。
これについては本当の事を言うと、お客様側の担当者が変わった時に起きる場合がほとんどです。
つまり営業マンは変わらないんですが、お客様側の担当者が変わった時に上手く行かなくなる時があるんですよ!「前の営業所の担当者はここが良かった!」とか言ってね!
営業マンにしてみれば地雷を踏んだように思います。

とまぁ こんな理由で入替をする事があるのですが気を付けたい事があるんですよ!

データの移動が出来るか?

※一般システムの話ではありません。一般システムのデータ移動入替は行った事がないのでわかりません。

このようなシステムの品質やサポートの良さ等は正直使用してみないと何もわかりません。
売り込む営業マンは品質やサポートはバッチリ任せて下さいと言いますが、そんな事を何回言われても分かりませんからね!実際は

でも絶対確認してほしいのは専用システムであればデータの移動が出来るかは確認しておくべきですね!

それが出来ないメーカーは対象から外すべきでしょう。

Follow me!