再利用ブロックを複数のブロックで作成する。WordPress

本日もWordPressネタです。

現在、株式会社鶴見急配様のホームページをリニューアルしている事は以前にも記事にしています。今月中の完成を目指して作成中なのですが、前日ご担当者からこのようなご希望がありました。

採用情報ページで募集職種の変更があるのでなるべく簡単に変更や追加が出来るようになりませんか?

なるぼど!

後で詳しい説明はしますが、募集職種はテーブルで作成しています。このテーブルをテンプレートとして再利用出来るようにすればお客様のご希望に沿える事が出来そうです。

再利用ブロックの作成

WordPressには再利用ブロックと言う機能があります。これは投稿等で繰り返し使う定型文などを登録しておき再利用して作業の手間を省く機能です。

今回の作成方法は固定ページ編集中からの作成となります。

作成しようとしているブロック

作成しようとしているブロックは以下です。見出しも必要なので今回は2つのブロックをまとめて再利用ブロックにしたいと思います。「2t専属ドライバー」は見出し、「募集職種」はテーブルの2つのブロックです。
※これはブログ用なので実際の募集内容ではありません。

グループ化

先に2つのブロックをグループ化します。ブロックの追加で「グループ」をまず追加します。

先に追加したグループの中に先ほどの「見出し」と「テーブル」を追加してクループ化します。グループ化されると画像の様に外枠(水色)でまとめて選択出来るようになります。
※グループブロック内に見出しブロックとテーブルブロックを追加するのですが、わかりにくい場合は個別にお調べ下さい。

再利用ブロックに追加

上の状態で(グループを選択した状態)矢印の「オプション」を選択して「再利用ブロックに追加」を選択します。

名前を入力します。今回は「テスト」です。保存を選択します。以上で作成は完了です。

再利用ブロックの使用

追加したい箇所でブロックの追加から「すべて表示」を選択します。

画面左にすべて表示されるのでタブの「再利用可能」を選択すると、先ほど作成した「テスト」があるので選択します。

先程作成した募集職種の項目が下に追加されました。

新しく追加した再利用ブロックを編集してみましたが、これではダメです!

この作業は基本的には新たな募集職種を追加する場合に行うので、追加した再利用ブロックは編集する事が前提となります。

新たに追加したブロックを編集します。
しかし下の見出しを「20t」に変更すると上の見出しまで「20t」に変更されてしまいます。これでは同じ内容が2つになるだけ意味がありません。

新しく追加した再利用ブロックの編集方法

再利用ブロックを別の内容で編集して保存するには「通常のブロックへ変換」作業を行います。

画像の様に追加した再利用ブロックを選択して水色の枠を表示させます。
そして左下の「テスト」の文字を選択します。

通常のブロックへ変換を選択します。

その後追加した再利用ブロックを編集しても元の見出しは変更されなくなりました。

まとめ

いかがでしょうか?
多少の手間はありますが、最初からテーブルを作成してデータを入力する事に比べるとはるかに作業の効率化になっていると思います。ここでは詳しく記事にしていませんが、再利用ブロックを追加してそれを編集したり色々触っていると再利用ブロックの中身が削除されていました。これについては何をどうしてこうなったのかわかりません。私の操作ミスの可能性もあります。

再利用ブロックが削除されていた件はこれ以前の作業でもあった事なので。そのあたりは大きな気持ちで取り組みましょう!

Follow me!