無料で始めるWeb版Officeの使用開始方法

本日は奈良県葛城市のお客様からのご依頼です。

長年パソコンの代替購入を依頼して頂いています。現在ご使用中のパソコンは2年前に入替をしたものです。

ご依頼内容

以前からOfficeは必要なくインストールしていませんでした。

しかし最近はエクエルやワードの閲覧が必要になり、Officeの必要性が出てきたのでOfficeの購入とセットアップをご依頼頂きました。

購入する前にもう少しお話を聞きます。

Officeの種類によりますが、購入となると結構な費用が必要です。フルで活用するのでしたら必要な経費だと思いますが、お客様はいまのところ閲覧ぐらいの使用とおっしゃっています。以前であれば閲覧のみのビューワーアプリがダウンロード出来たのですが、今はサッと調べて見てもダウンロード出来ません。

しかし現在は無料のweb版Officeがあるので今回はそれを使用出来るようにして、様子を見る事を提案しました。

web版Officeのサイトを開く

web版Officeのサイトはこちらから

お客様はマイクロソフトアカウントをお持ちではなかったので、今回は「無料でサインアップ」を選択してまずマイクロソフトアカウントを作成します。

アカウントの作成はいつも通り問題なく進んだのですが、またいつものこれが出現しました。

なんだか中途半端な表示ですね。
文字も途中で切れています。おそらく下にも何か記号があるのでしょうが、よくわかりません。

この画面は何もせずに次へを選択したら、正しい向きに調整しなさいと内容が変更されて、今度は表示に問題なかったのでアカウント作成は問題なく終了。

これで使用出来るようになりました。

とりあえず何か使用してみますか!

すいません!

アップロードするスクショを撮り忘れています。この画像だけは当店で使用している画像です。

使用出来るようになると矢印のあたり「ここにアップロードする」と言う領域がありドラック操作でアップロード出来るので操作は難しくはありませんでした。

アップロードすると上の画像のように一覧で表示されて目的のアイコンを選択すると開きます。問題なくエクセルが表示されました。
横にあるアドビのアイコン「test.xlsx」が他のパソコンで作成したエクセルのファイルです。これをアップロードしました。

セル「B1」に「lll」と入力しました。編集も可能です。

ファイルのダウンロードも出来ます。

アップロードしたファイルをダウンロードする事も出来ます。
ファイルから「名前を付けて保存」から「コピーのダウンロード」を選択します。初期値ではダウンロードフォルダに保存されます。

操作や機能等を確認するとお客様はこれで十分と言われました。

編集機能等どこまで製品版と同じように使用できるのか詳しくはわかりませんが、調べてみると結構使用出来るように書かれた記事が目立ちます。

これで様子を見て頂きます。

最後に

少し心配性ですが、念のために重要なファイルはダウンロードしておき、同じファイルをネット上とローカル(パソコンのHDD等)に定期的に保存しておいた方が安心だと思います。

Follow me!