パソコン画像
アプリ

テレワークについてアドバイスの依頼がありました。

今回の外出自粛中の中、多くの企業でテレワークに関心が集まりました。
当店のお客様でもテレワークを導入したいのでアドバイスがほしいという依頼がありました。

当店はテレワーク関連の機器やアプリ等の専門店ではありませんが、商売柄元々活用はしていました。
北関東のアプリメーカーとの研修や会議はスカイプを使用していましたし、リモートディスクでサポートも行っていますので、すぐにお客様に提案する事が可能ですが、一度良く調べてみる事にしました。

先にお客様のやりたい事をお伺いしました。

お客様の環境は業務関連については常に効率化をお考えなので、業務アプリ等はすでにクラウド化されています。
ある程度テレワーク化されていると言えばそうでしょう。
勤務状態はおそらくは完全に在宅勤務ではなく、もしかすると通常勤務の方が割合が高いかもしれないという、いわゆるハイブリッドになるという事です。さらに加えて、当社では合わないと判断する可能性もあるとの事。
実際に行いたい事は、クラウドアプリでは確認できないローカルな資料、自身らが使用しているパソコン資料の確認が在宅勤務でも行いたいという事がご希望でした。
結論は離れている場所からでもパソコンが操作できるリモートデスクトップ(遠隔操作)をご希望と、もしかすると必要性がなくなり使用しなくなる可能性があると言う事です。

リモートデスクトップアプリ選び

機能などの内容は概ね把握していますのであとは

  • 操作性
  • セキュリティ
  • 料金

このあたりがポイントでしょうか。

操作性に関してはハッキリ言って使用してみないとわかりませんから、無料で使用できるものが結構ありますので先にアプリを決めてしまいます。
セキュリティーに関しては通信の暗号化など各アプリは様々なセキュリティー対策をしていると思いますが、私は100パーセント安心ではないと考えていますので、万が一乗っ取りなどが発生した場合を想定して対策すべきではないかと考えています。
料金については無料であればありがたいです。(使用しなくなる可能性がありますので)

Chromeリモートデスクトップ

今回選ばしてもらったアプリはChromeリモートデスクトップです。
「Googleアカウント」を作成すれば、だれにでも無料で使用する事ができます。私も試しに使用してみました。
使用期間が短いので確定的な事は言えませんが、動作は問題なく非常に快適で操作も初めてでも迷う事なくできました。
操作される側にもパスワードを設定しますし、「Googleアカウント」に対しても2段階認証の設定をしてセキュリティーを高める事ができます。
※パスワードや2段階認証の件は次の投稿で説明します。

お客様にご紹介

お客様には私の設定しているパソコンで「Chromeリモートデスクトップ」の操作を実際見て頂き少し操作してもらいました。
操作するパソコンは15.4インチノートパソコン、操作される側は24インチでマルチディスプレイで使用していますのでそのあたりの表示、またマルチディスプレイ表示の変更等の操作を詳しく見て頂き、アプリの選定の結果をお客様にお伝えして「Chromeリモートデスクトップ」を使用する事が決まりました。

パソコン初期設定と「Chromeリモートデスクトップ」の設定を依頼されましたので作業完了したら、またアップします。