パソコン画像
アプリ

Chromeリモートデスクトップの問合せがありました。ファイルの転送

アイキャッチ画像

Chromeリモートデスクトップを使用しているお客様から、このアプリでPDFファイルの転送は出来ないか?
と言う問い合わせを頂きました。

ご存知の方も多いとは思いますが、Chromeリモートデスクトップにはファイルの転送機能があります。
遠隔操作されているパソコンから遠隔操作しているパソコンにPDFファイルを送りたい。
今回は以下の内容だけの操作方法を記事にしました。
逆はまたの機会にします。

ファイル転送方法

遠隔操作をしているパソコンの右端に下のような表示がありますのでクリックしてメニューを開きます。

メニューの下を見ると「ファイルをダウンロード」の項目がありますのでクリックします。

すると遠隔操作をされている側のファイル選択画面が表示されますので、ここで目的のファイルを指定して「開く」をクリックします。
※今回は警告が出るようにアクセスのファイルを使用しました。

すると画面の左下にはダウンロード状態が表示されますが、以下のように「警告」が表示されて「保存」か「破棄」の選択を求められます。
今回は「保存」を選択します。

今回試したファイルの種類ですが、記事にもありますようにアクセス、ワード、エクセル、PDF、画像(jpg)を転送してみました。
左下のダウンロード状態の表示に警告が出たのは今回はアクセスだけでしたが絶対そうであると言うわけではありません。
マクロ付エクセルでは表示はされませんでしたが内容によるかもしれませんのでうまくダウンロード出来ない場合はこの場所に警告が表示されていないか確認してみましょう。

ダウンロードが完了すると以下のような表示になります。この状態でもファイルを開く事はできますが、ファイルの保存先を確認したいので今回は使用しません。


ファイルの保存先はユーザー名→ダウンロードフォルダです。
※不明ファイル表示ですが、アクセスをインストールしているパソコンへ移動してファイルが開く事は確認しています。

これでファイル転送は終了です。
簡単ですよね!

今回試したファイルの容量は50MBのファイルですが、問題なくファイルも使用出来ています。容量制限があるのかは調べていませんが50MBが送れるのであればオフィス等のファイル使用では問題なさそうです。

転送の逆パターンはまた機会がありましたら記事にします。

当店は出張サポート専門です。
作業についての詳細を教えてほしい等、記事内容のお問い合わせ受付はしておりません。
そのような場合は出張サポートをご依頼下さい。
またこの記事を参考に、ご自分で作業された場合での損害や障害が発生しても当店は一切責任は負いませんのでご了承下さい。
この記事の内容は投稿日時点での内容です。時期によっては仕様などの変更により、この記事のとおりではない場合もございます。