パソコン画像
雑談

連鎖式商法に勧誘された話

詐欺の画像

いつもイマジネットPCサポートのブログを見て頂きありがとうございます。
今日は若い頃にある人から、あるビジネスに勧誘され人生を棒にふった人の話を記事にします。

あるビジネスとは?

色々な名前で表現されている商法ですが、私は名前の定義などはわかりませんし、調べる気もないのでタイトルには連鎖式と表現しました。

疲れがとれたり美容に良いと言う健康器具を購入すれば、会員となり、その健康器具を仕入れる事が出来るようになります。その後、自分の知り合い5人に対し勧誘をして同じように健康器具を購入してもらい、その5人にも同じ様に5人に対する勧誘を繰り返す。それを繰り返す事により自分が紹介した人、そのまた紹介した人が増えていき、その売上の一部をマージンとして受け取れると言うシステムです。

説明がへたで申し訳ないですが、いわゆる〇ズミ講と言われるものですね!

若い時はこの手の話がよくありました。

私が20代の頃はこのようなビジネスの勧誘は本当に多かったですね!
今もあるのでしょうか?私自身は40歳を過ぎた頃からまったくありませんがね!よくあるパターンとしては、何年も音沙汰がなかった同級生や元同僚の女性から急に連絡があり、絶対内容を伝えずに「とりあえず会おう!」と言ってきます。
キーワードは絶対内容を告げずに会おうとする事ですね!経験のある方も多いと思います。

そんあ数多くある中から特に印象的だった人の話をします。

お客さんでした!

20代の頃サービス業の会社に勤めていて、勧誘してきた人はお客さんでした。
年齢が近い事もあって来店される度に世間話をする。そんな関係でした。
特に仲が良かったと言う訳ではなかったと思うのですが、ある日このように言われました。

「今度の金曜日の夜空いてる? 食事にでも行こうよ!」

ちょっと色っぽい感じですが、男同士です。
特に予定もなかったですし、お客さんから誘われるのはうれしい事だったので喜んで誘いに乗りました。

当日は車で迎えに来てもらい。そのまま店に行くのかと思いきや

「食事の前に少しだけ話を聞きに行くから!」と
なんの前置きもなく、そう告げられ車を走らせたのです。

私が「何の話ですか?」と聞いても

「行けばわかる」と説明してくません。

そうなんです。勧誘しに来た人間は絶対内容を告げないのです。
この時私は「あー そういう事か!」スグに気が付きました。

本町のマンションで!

本町のマンションに連れてこられました。
そこには同じ様な感じの男女が、多分10人ぐらいはいてたんではないでしょうか!しばらくするとメチャクチャ怪しいホスト風の男が来ました。
確か第一声が「皆さんの夢 聞かせて下さい。」でした。

その怪しい男は外見通りに怪し話をしていました。
聞く気がなかったのであんまり覚えていませんが、金持ちになりたいのなら今、行動に移せ!そんな事を言ってました。

私はそんな事より周りの勧誘された人がどんどん洗脳されていく様子をみて、違和感を感じていました。
少し頭で考えればこんな倍々ゲームをしていたら日本の人口なんてあっと言う間に食い尽くします。こんなビジネス最初に始めた人間しか儲からないように出来ている事に気が付かないのかな?
そう思って見ていました。

その日は話を聞いただけでしつこい勧誘などなかったですが、来週に神戸である集まりには是非参加してくれと言われました。

申し訳ないですがお断りします。

あまり具体的な事を書いても長くなるだけなので、要点だけ書きます。その後食事に誘われたタイミングでお断りしました。

断ったあとは申し訳ないですが、関係が切れてしまい。お客さんから誘われる事はなくなり、連絡も取り合わなくなりました。

そして何か月後に、そのお客さんが勤めていた会社の社長が、私を訪ねてこう聞かれました。

「うちの〇〇知らんか? キミ仲良かったんやろ?」

そうなんです。
そのお客さんは勧誘のために私にしていたように接待を複数の人にしていただけでなく、とりあえず5人を勧誘したかったのでしょう。その勧誘していた人々の分まで健康器具の代金を肩代わりして多額の借金を作り夜逃げしてしまったのです。

一度は説得してみましたが!

私はなにもしなかった訳ではありません。
一応このビジネスを辞めるか、純粋な商売として考えられないかと話しをした事はあります。

それにこのようなビジネスを全部否定する気もありません。商品を仕入れて販売して利益を得る事は普通に皆さん行っている事ですよね!

私はこのビジネスがうまくいかない理由のひとつとして、お金儲けに走る事だと思いました。

商売での人間関係でも下心が先に見えてしまうとうまく行く確率が落ちます。
営業でも先に商品を売り込んでしまうと警戒されます。
まあ 最初から相思相愛という事もあるかもしれませんが確率は低いですよ!
先に信頼関係を作る事に専念する方が良いと私は考えています。

そのような事を言って純粋に商売として取り組むべきでは?
そう言って説得した事があるのですが、無駄だったようです。

最後に

現在でもこのようなビジネスがあるのかは知りません。
ネットを絡めた新たな仕組みがあるのかも知れませんが、先にも書きましたように私はこのようなビジネスをすべて否定する訳ではありません。
しかし勧誘された事実を知った時はその勧誘してきた人物に対しては正直に言うと何か後味の悪さを感じました。

実は十代の頃に誘いに乗りそうになった事があるんです。
その時、同じ年の友人に相談したんですが、その友人はハッキリ私にこう言いました。

「友達 おらんようになるで!」

私は目が覚め断りの連絡をしました。
それと同時にその友人に対して同じ年なのにすごいしっかりしていると感心したのを覚えています。