パソコン画像
プリンター

Windows8.1の更新プログラムのアップデート後、共有プリンタから印刷できません。

以前の記事「Windows10の更新プログラムのアップデート後、共有プリンタから印刷できません。」と手順はほとんど同じですが、本日作業したパソコンはwindows8.1でした。

10と8.1での違いは以下です。

同じ更新プログラムではなかった。・・・更新プログラムの公表については今回控えます。理由は現場での作業手順の都合上、これだという確証が出来なかったことです。但しお客様から連絡を頂いたのが14日でその直前の更新プロクラムである事は確かです。

更新のストップ方法・・・windows8.1はwindows10とは違い更新全体を止める事もできます。

更新のアンインストール方法は10とあまりかわりませんので(まったく同じというわけではありません。)以前の記事「Windows10の更新プログラムのアップデート後、共有プリンタから印刷できません。」の「更新の確認」以降を参考にして下さい。(上にリンクしています。)

windows8.1でも再起動が必要です。パソコンの性能によると思いますが再起動に非常に時間がかかりました。もし作業する場合は仕事のスケジュール等を考慮して時間に余裕があるときにお勧めします。

今回はwindows8.1での個別の更新プログラムの止め方を紹介します。
以下はプリンターサーバーとして使用しているパソコンでの作業です。

最初にお断りですが、この作業の項目に「更新プログラムの非表示」と表示されていますが、私はこの非表示の事を、この作業以降この「更新プログラムのインストールをしない」事と解釈しています。多分あっていると思いますが・・・

スタートボタンを右クリックして「コントロールパネル」を左クリック

コントロールパネルの「システムとセキュリティ」を左クリック

Windows Updateを左クリック

「〇個の重要な更新プログラムが利用可能です」を左クリック
※〇の部分はパソコンによって違います。
※オプションの場合は下のオプション更新を選択して下さい。(今回は重要)

今回、更新の非表示をする項目を左クリックして選択状態から右クリックして「更新プログラムの非表示」を選択

表示が半透明になれば作業完了です。

今回行いました作業については応急処理という対応です。
本来であれば更新プログラムはインストールするものですので、インストールを中止したままではいけません。
windows8.1でのパソコンをプリンタサーバーとして使用するのは中止してプリンタサーバー自体を導入するかネットワーク対応の機種に変更して頂く事をお客様にお勧めします。

当店は出張サポート専門です。
作業についての詳細を教えてほしい等、記事内容のお問い合わせ受付はしておりません。
そのような場合は出張サポートをご依頼下さい。
またご自分で作業された場合での損害や障害が発生しても当店は一切責任は負いませんのでご了承下さい。
この記事の内容は投稿日時点での内容です。時期によっては仕様などの変更により、この記事のとおりではない場合もございます。