安売りはしてはいけないと思った話その2 | イマジネットPCサポート
パソコン画像
ビジネス雑談

安売りはしてはいけないと思った話その2

営業マンの画像

12月に入りおかげさまで忙しくしております。

作業内容をブログにまとめるには少し時間が必要なので今回は最近出張サポートで出歩いて気になる事を記事にします。

以前に値段を低く設定してはいけない事を記事にしました。同じ様な内容になるかも知れませんが良かったら見て下さい。

大阪駅の近くの居酒屋で!

私は大阪駅付近にベビーユーザーがいらっしゃる事もありこのあたりには結構な頻度で行きます。

そんな時、私の行きつけという訳ではないですが、よくお昼を食べに行く店があります。
夜は居酒屋、昼は食堂がスタイルのお店、夜の居酒屋は立ち飲みですから本当に大衆的なお店なんです。

そこの日替わり定食が650円でボリュームもスゴク多いんです。
安いでしょ!

緊急事態宣言明けに

このお店も緊急事態宣言中は休業していて、緊急事態宣言明けには開店していました。

開店したので早速行ってみたのですが、中々以前のような客数ではなかったです。しかしこれはこのお店に限らずどこも同じような感じだったので気にする事はありませんでした。

私は以前の様にこのベビーユーザーのお客様のところに行くタイミングがお昼だった時にはこのお店に食事に行っていました。

ある日に店は開いておらずシャッターには「都合によりしばらく休業します。」の張り紙があり店は閉まっています。

他の店でも同じ様な張り紙がしてあるのを見かけますが、あまり復活したお店はありません。

2ヶ月ほど休業してまた復活

このお店はそのまま廃業とはならず復活しました。
タイトルには2ヶ月としていますが、期間は感覚的なものなので正確ではないと思います。

私は店に入ろうとしましたが、やめました。

その理由は

メニューの変更がされて以前の日替わり定食はありません。
他のメニューを見ても一番安い定食でも850円もします。
実質200円の値上げです。

値段を見てお店に入る事をやめた私はケチと思われてもしょうがないのですが、私の選択肢では850円支払うのであれば他の店で食べたいものがあります。

それ以降は別のお店に行くようになりました。

周りは少しづつ客足がもどりつつあるのに

大阪駅付近には行きますので、このお店の前はランチ時間にはよく通りますが、以前にも増して閑古鳥が鳴いています。
周りのお店は客足が増えているような感じですが、このお店はひどい時は1人もお客さんはいません。

もちろん直接聞いた訳ではないので値上げが原因とは言い切れませんが、多分そうでしょう。

自分のお店の客層や、何が売れ筋商品かを理解していれば看板商品をなくす事を選択するはずはありませんが、たまにそんなバカな事をするお店があります。

もちろん看板商品の日替わり定食は儲けが少ない事は想像出来ますが、それ以上に意味があったはずです。

このような決断をするのは経営者の方でしょう。
勝手な想像ですが、おそらくこの判断は現場で働いている方の判断ではないと思います。

看板商品を無くすことでどのような影響が出る事は直接お客さんと接している現場の人であれば簡単に想像できるはずです。

お店を一番に理解している現場で働いている方の意見を一番に取り入れないのはどうかと思います。
※想像ですから本当は取り入れているかもしれません。

同時に値上げする事は本当に難しいと思いました。

おまけ

今朝は本当に寒かったですね!
裏の田んぼが凍っていました。
今年はカゼひくと何かとややこしいので皆さん気を付けて下さい。