日本光画会の写真設置作業(徳島県)

前日はいつもお世話になっている鶴見急配さんのお仕事をお手伝いして来ました。

実を言うと私の仕事がまだ上手くいっていない時に鶴見急配の南社長にはサポートの仕事以外にも配送の助手等でも使って頂き随分助けて頂いていました。

今でも社員旅行等にも同行させて頂き、社員同様に対応してもらい本当にありがたく思っています。

その名残という訳ではないですが、毎年この時期から日本光画会さんの美術館への納品と写真設営そして撤収の作業をさせて頂いてます。

私の仕事としては今回の徳島県から始まり高知県、そして予定では4月に福島県、東京と続きます。

今回は徳島県のアミコシビックセンターの件を記事にします。

出発は14:00に鶴見急配本社(門真市)から

17:00時までにに徳島駅前のアミコシビックセンターに到着予定です。

トラックは阪神高速東大阪線から神戸線へと進み西へ向かいます。

神戸ポートタワーなのでこのふもとはメリケンパークですね!

明石海峡大橋に入ります。
風がきつかったです。

明石海峡大橋を渡り淡路島へ「淡路のパーキング」でトイレ休憩です。

淡路島を横断して鳴門大橋へ突入、うずしおは上手く撮れていませんでした。

そして徳島駅前に到着
少しだけ時間に余裕がありますのでいつもの大判焼を購入です。
徳島の方であれば皆さん知っている超有名な店の大判焼です。特徴は薄皮でなかのアンコがぎっしりと詰まっていてとても美味しいです。

大判焼を堪能した後はいよいよ納品と設置作業の開始です。
作業は3時間程で終了です。

作業終了後に1枚撮っておきました。
本作業中はとても写真を撮る余裕はありません。
お断りしておきますが、本作業中ではありません。写真には触れていません。
本作業中はちゃんと手袋をしています。

記念写真です。写真には触れていません。
本作業中はちゃんと手袋をしています。

帰りはおなじみの徳島ラーメンの東大へ寄って帰りました。

Follow me!