パスワード保護共有を無効にする。

いやー
最近はWindows10の更新で色々問い合わせが多くて正直大変です。

なかでもタイトルにあるように共有関係の問い合わせが圧倒的に多いです。

よくあるお問い合わせ内容は

  • 共有フォルダが開かない。
  • パソコンプリンタサーバー経由で印刷出来ない。
  • アプリの共有データが開かない。

この内容でお問い合わせを頂いた。お客様にこのブログを見てもらい、まず「パスワード保護共有を無効にする」を試して頂きたく以前にも記事にしていますが再度記事にします。

今回はわかりやすく「パスワード保護共有を無効にする。」設定だけ記事にします。

スタートボタンから設定を開く

左角のスタートから設定を開きます。

設定から「ネットワークとインターネット」を選択します。

次に「ネットワークと共有センター」を選択します。

次に「共有の詳細設定の変更」を選択します。

すべてのネットワークの赤丸の箇所を選択します。

一番下のパスワード保護共有「パスワード保護共有を無効にする」にチェックが入っていない場合チェックをいれます。
変更の保存を選択する事を忘れずに!

Windows10の更新後に共有フォルダを開くときにパスワードを聞かれて開かない場合はこの設定で解消されると思います。

その他のパソコンをプリンタサーバーとして使用している場合も解消される時があります。
確率は低いです。

基幹業務システム等もデータベースエラーが発生した場合でも解消された事もあります。

いずれにしてもこの作業で全てのトラブルが解消される訳ではありませんが、一度試してみる価値はあると思います。

統計はとっていませんが7割ぐらいは効果があります。

Follow me!

前の記事

地味に大変な一日