NEC PC-LL7303D ハードディスク取り出して抹消作業

分解のご注意

分解をご自身で行う場合は自己責任でお願いします。

記事については作業ポイントを中心に掲載しております。従って全ての作業工程を掲載している訳ではありません。

パソコンの分解にはある程度の知識と経験が必要なので、不用意に作業しないようにしましょう。

また実際に作業をされた場合に「大丈夫かな?」と不安に思った場合は深追いせずに作業を中止して下さい。パソコン破損やご自身のケガに繋がります。

本日の作業は大阪市平野区のお客様からパソコンを処分するのでハードディスク内のデータを見えなくして(抹消)ほしいとご依頼頂きました。

パソコンはNECのPC-LL7303Dです。
この四角のノートパソコンは久しぶりに見ましたが逆に新鮮ですね!調べてみると発売時期は2002年5月ですから約19年前のパソコンです。さすがに古さを感じます。

厚みがスゴイですね! 計ると4センチ近くもありました。

フロッピーディスクも内蔵されていますが最近の若い人はわからないでしょうね!

分解作業

裏返してバッテリーを外します。
とりあえず外せるネジを全て外しましたが全て外す必要はなかったようです。

ネジを外したら表面からキーボードの下パネルを指先でこじて開きます。
力もほとんど必要なく簡単にツメが外れてくれます。
するとその下にもうハードディスクが見えていますよね!

ハードディスクを取り出しましたが、これも懐かしきIDE接続です。
メンテナンスパソコンと接続するのですが、IDEあったっけなー?
ちなみに容量は40GBです。現在販売されているパソコン容量の10から20分の1ぐらいでしょうか!
もっとか!
時代を感じます。

メンテナンスパソコンに接続して抹消ツールで抹消作業します。
この操作が終われば物理的な破壊を致します。

この頃のNECノートパソコンはほとんどこの作業でハードディスクの取外しが出来ていたと記憶しています。そう考えると現在の分解作業は複雑で以前より難しいのではないかと思います。

当店ではこのようなデータ抹消作業も致しますのでよろしくお願いします。