【分解】東芝dynabook T453/33JWLのハードディスク取り出し作業

こんにちは! イマジネットPCサポートの橋崎です。

先週に東大阪のお客様からSSD換装とメモリ増設のご依頼を受けました。

機種は東芝ノートパソコンdynabook T453/33JWLでヤマダ電機オリジナルモデルですね、販売時期は2013年と少々以前の機種なんですが、Diskinfo等で調べても使用頻度は少なく、できればこのパソコンを使用したいとご希望でした。

今回は現在と比べて以前のハードディスク取り出しがこんなにも簡単なんだと言う事を紹介したくて記事にしました。

分解のご注意

分解をご自身で行う場合は自己責任でお願いします。

記事については作業ポイントを中心に掲載しております。従って全ての作業工程を掲載している訳ではありません。

パソコンの分解にはある程度の知識と経験が必要なので、不用意に作業しないようにしましょう。

また実際に作業をされた場合に「大丈夫かな?」と不安に思った場合は深追いせずに作業を中止して下さい。パソコン破損やご自身のケガに繋がります。

分解に関する基礎的な内容を記事にしていますので合わせてどうぞ!

dynabook T453/33JWLのハードディスク取り出し作業

分解の前にバッテリーを取り外しておきます。

矢印のネジを外します。

ネジ1本でカバーを外すとメインメモリ、ボタン電池、ハードディスクが見えますね!

ハードディスクを固定している矢印のネジ外して固定している留めゴムを外すとハードディスクが取り外せるのでWindowsアッグレード後にクローン作業したSSDを取付けして作業完了です。

どうですか?

メチャクチャ簡単でしょう!

最近のノートパソコンはバッテリーも内蔵になっていますし、ハードディスクもパネル一面ごと外す必要のある機種がほとんどなので、もし同業者で最近開業した方や最近始められた方が見られると、なんと簡単なんだろうと思いますよね!

しかもこの機種はひとつのカバーを外すだけでハードディスク、メインメモリ、ボタン電池まで交換できます。ここまでひとつにまとまっている機種も珍しいですが、作業する方としてはありがたい限りです。

それでは!