Windows8.1のサポート期限は2023年1月10日です。

こんにちは! イマジネットPCサポートの橋崎です。

今回は皆さんへお知らせです。

ご存知の方も多いと思いますが、Windows8.1のサポート期限は2023年1月10日となっており、実質、年内で終了と思って間違いないと思います。

アイキャッチ画像のような表示が起動時に出現するようになってから当店にも対応のお問い合わせが増えております。

サポート終了とは?

一言でサポート終了と聞かされても何の事がわかりませんので、簡単にご説明します。

Windows8.1が出荷されてからまわりの環境も随分変化しています。その変化の中で特に気を付けなければいけないの事が、コンピューターウイルス等を始めとしたパソコンに対する攻撃です。

攻撃の内容は様々ですが、この攻撃によってパソコン、また使用している人に対しても損害を受ける事になり、これは避けるべき問題です。特に企業で使用しているパソコンでは使用している人だけではなく、その企業全体の問題ともなりかねません。

勿論、Windows8.1もそれらの攻撃に備えているのですが、困った事にコンピューターウイルス等を始めとしたパソコンに対する攻撃もその備えに対抗して進化するのです。

そして、さらに備えるためにWindows8.1も進化しなければいけません。

まさにいたちごっこですが、これを繰り返しています。

サポート終了とは指定されている2023年1月10日以降はWindows8.1の進化を止めると言う事です。進化が止まると攻撃される確率が上がってしまいます。

簡単ですが、サポートを過ぎたWindows8.1の使用を続ける事がよくない事だとご理解して頂けたと思います。

では、どのようにすればよいのでしょうか?

対応方法

対応方法はシンプルにこの2点です。

  • Windows10へアップグレード
  • Windows10または11搭載パソコンへの買い替え

Windows10へアップグレード

この記事を書いている時点では、まだWindows10へのアップグレードは可能です。

ただ全てのWindows8.1パソコンがアップグレード可能と言う訳ではなく、不調を抱えたパソコンではアップグレードできないパソコンもありました。

またWindows10へアップグレードする事で動作が遅くなる可能性があるので、同時にメインメモリ増設やハードディスクであればSSDへの交換を検討してければいけません。そうなれば予算的な面でも検討する問題が発生しますよね!

Windows10または11搭載パソコンへの買い替え

パソコンの使用年数もWindows8.1であれば7年以上経過しているパソコンが多数でしょう。使用頻度は人それぞれですから同じ物差しで測る訳にはいきませんが、一般的には買い替えを検討すべき使用年数でしょう。

パソコンの使用頻度、Windows10アップグレードに必要な費用等を考慮してパソコンの買い替えも検討しましょう。

あとがき

Windows7から8へ変更した時の事はよく覚えています。

起動直後に表示されるタイル画面ですが、失礼を承知で申しますと、いつものディスックトップを表示するためにひと手間必要なので本当に評判が悪かったですね!

Windowsの歴史から見てもかなり画期的な仕様変更だったと思います。スマホやタブレットを意識してのタイル仕様だと思いますが、今ほど普及していませんでしたのでパソコン起動直後のタイル表示は本当に不評でした。

またWindows8からだと思いますが、当時はまだMicrosoftアカウントに対しての認知がない時期で初期セットアップ時にMicrosoftアカウントの新規作成をしないと完了できないようなメニュー構成に多くの方が戸惑い、この件でもお問い合わせは結構ありましたね!

当店の記憶では家電量販店でパソコン販売時にWindows8でも7のような表示に切り替えれるアプリを特典として付けていたり、販売もしていたと記憶しています。

当時はサポート先でそのWindows7風になるアプリをインストールしていたパソコンも結構見かけましたよ!

それでは失礼いたします。

ご注意

記事内容や作業についての詳細を教えてほしい等のお問い合わせや受付はしておりません。
そのような場合はサポートをご依頼下さい。

またこの記事を参考に作業される場合は自己責任でお願いします。作業された場合での損害や障害が発生しても当店は一切責任は負いませんのでご了承下さい。

この記事の内容は投稿日時点での内容です。時期によっては仕様などの変更により、この記事のとおりではない場合もございます。