Lenovo L340-15API 分解方法

こんにちは! イマジネットPCサポートの橋崎です。

今回は起動不良のパソコンからデータ救出のためSSDを取り外す作業のご紹介です。

分解のご注意

分解をご自身で行う場合は自己責任でお願いします。

パソコンの分解にはある程度の知識と経験が必要なので、不用意に作業しないようにしましょう。

記事については作業ポイントを中心に掲載しております。従って全ての作業工程を掲載している訳ではありません。また同機種であっても出荷時期の違いでネジの位置や本数が異なっている場合もあるので、記事を鵜呑みにせず、必ず作業対象のパソコンの現状を確認するようにして下さい。

また実際に作業をされた場合に「大丈夫かな?」と不安に思った場合は深追いせずに作業を中止して下さい。パソコン破損やご自身のケガに繋がります。

最後にメーカー保証期間中の機器では分解をする事で保証がなくなる場合があるのでご注意下さい。

分解作業の注意事項を以前、記事にしているので合わせてご覧下さい。

Lenovo L340-15API 分解方法

最初に裏パネルを留めているネジを外していきます。

丸の箇所と矢印のネジはDVDドライブを固定しているネジですね!

すべて外します。

そして残りのネジも外します。

※画像が無くて申し訳ないですが、この時点でDVDドライブが取り外せる状態なので忘れずに外します。

次にヘラを使用してパネルを固定している爪を外しますが、画像が上手く撮影できていなかったので代わりに別機種のLenovo ノートパソコンを使用しました。

ヘラはこの位置から作業すると比較的、簡単に爪が外れてくれました。

上の画像はヘラの位置をわかりやすくするためにですが、実際は下の画像の向きでヘラを挿入した方がパネルが外しやすかったです。

モニタを開く必要はありませんが・・・

パネルを外すとSSD等が見えます。この機種はM.2も搭載できるようですが、2.5インチSSDが搭載されていました。

SSDを取り外す前にバッテリーを外します。

丸箇所のネジをはずしますが、左側のネジはSSDと共有しています。1本は封印されているので封印を外します。

矢印にマザーボードとバッテリーを接続しているコネクターがあります。コネクターとバッテリーを接続している銅線が意外にあそびがなく結構硬いのでバッテリーを付けたままの取り外しはマザーボードに損傷を与える恐れがあるので、バッテリーを取り外してからコネクターを外す方が簡単です。

ゆっくりと矢印の方向へバッテリーごとスライドさせると抜けます。(強引に抜くとマザーボードが損傷するので注意が必要です。)

あとはSSDを取り出してからデータ救出の作業は完了です。

ご注意

記事内容や作業についての詳細を教えてほしい等のお問い合わせや受付はしておりません。
そのような場合はサポートをご依頼下さい。

使用しているパソコンの状態・状況や周辺機器の環境等もトラブルに関連している場合もあるので記事に書かれている内容を行う事で必ずトラブルが解消されるとは限りません。またこの記事を参考に作業される場合は自己責任でお願いします。作業された場合での損害や障害が発生しても当店は一切責任は負いませんのでご了承下さい。

この記事の内容は投稿日時点での内容です。時期によっては仕様などの変更により、この記事のとおりではない場合もございます。