パスワード不明のシート保護を簡単に解除する方法!エクセル

東大阪のお客様から本日お問い合わせ頂いたのはエクセルを編集したいと思ったが、シートの保護がされていてパスワードが不明で困っている内容です。

ご注意

今回ご紹介する内容は簡単に出来ますが、マクロやVBA等を使用している場合やシート間のリンクが設定されているファイルは実行したのちに編集可能なシートを使用すると正常に動作しない場合がありますので全てのファイルに適切な処理であるという訳ではありません。

実行する場合は作業を行う前に必ずファイルのバックアップは行うようにして下さい。

編集しようとすると・・・

エラーが表示されて「変更しようとしているセルやグラフは保護されているシート上にあります。
変更するには「校閲」タブの「シート保護の解除」をクリックします(パスワードの入力が必要な場合もあります)。」
と表示されて編集出来ません。

パスワードも設定されていて、パスワードが不明なので現状ではどうする事も出来ません。

手順は簡単です。

先に手順をご紹介します。

  • 同じブック内に新しいシートを作成する。
  • 解除したいシートの内容をコピーする。
  • 作成した新しいシートに張り付けする。

手順は以上です。始めましょう!

同じブック内に新しいシートを作成する。

下部のシートタブの横に+ボタンがあるのでクリックすると新しいシートが追加されます。今回は「Sheeet2」が追加されました。

解除したいシートの内容をコピーする。

解除したいシートに戻り、矢印の部分(列と行の交差している箇所)をクリックして全体を範囲指定します。

選択して全体をグレーにしたら、同じ個所を右クリックしてコピーを選択します。

作成した新しいシートに張り付けする。

新しく作成したシートに切り替えてコピーと同じ個所(列と行の交差している箇所)を選択して右クリックします。

貼り付けオプションを選択するのですが、基本的には一番左の(元の書式を保持)で大丈夫だと思いますが、シートの作成内容により変更しなければいけないかも知れません。その場合は色々試します。

今回は「元の書式を保持」で問題ありませんでした。

貼り付けした新しいシートでは編集が出来るようになりました。

シート保護は目的があって保護しています。

エクセルで色々作成されている方であればシート保護の必要性はご存知だと思います。数式やマクロ等を使用者が誤って削除しないように設定しているものなので本来は解除すべきではないのかも知れません。

上の注意でも書きましたが、目的があり保護しているものを解除して使用する場合は結果としてどのような動作をするのかわかりません。

計算結果がおかしくなる可能性もあるので、実行する場合は慎重に行いましょう。

ご注意

当店は出張サポート専門です。
作業についての詳細を教えてほしい等、記事内容のお問い合わせ受付はしておりません。
そのような場合は出張サポートをご依頼下さい。
またこの記事を参考に、ご自分で作業された場合での損害や障害が発生しても当店は一切責任は負いませんのでご了承下さい。
この記事の内容は投稿日時点での内容です。時期によっては仕様などの変更により、この記事のとおりではない場合もございます。

Follow me!