このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません。

朝晩は涼しくなり季節が少しすすんだ感じがしますね!

本日も自動車整備業システムの営業を頑張ってきました。

お客様に見積を提出してお話をしてきたのですが、決まってほしいですね!
決まってくれないと営業経費の分は全て赤字ですから自営業者にはきついのです。

よろしくお願いします。

さてサポートの方ですが、ハードディスクを交換してWindows10をクリーンインストールをしようとしたら途中で止まってしまうと言うお問い合わせです。

本日は予定がいっぱいだったので預りにさせて頂きました。

クリーンインストール作業

Windows7や8.1からのアップグレードではなく、空のハードディスクにWindows10をインストールする場合をクリーンインストールと言います。

ハードディスクがどのような状態なのかわかりませんが、とりあえず症状を確認します。

DVDドライブからWindows10のインストーラーを起動させて作業をすすめます。

作業を進めていくとWindowsをインストールするパーティションを選択します。ケースバイケースなのですが、普通は容量の一番大きいパーティションを選択します。すると「ドライブ0パーティション2にWindowsをインストールすることはできません(詳しい情報の表示)」とあり、「次へ」ボタンもグレーアウトしており選択する事が出来ません。

「ドライブ0パーティション2にWindowsをインストールすることはできません(詳しい情報の表示)」文字を選択して詳しい情報を確認してみましょう!

すると「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません。」とありGPT形式にしなければいけない事がわかりました。

GPTとは

当店のブログではあまり難しい事は書きません。

Windows10をインストールするにはハードディスクやSSDの形式はGPTにしなければいけません。それが分かって頂けたらそれで大丈夫です。

もっと詳しく知りたい方は「ハードディスク GPT」でお調べ下さい。

パーティションをGPTに変換する。

ハードディスクをフォーマットする時にGPTを選択していなかったのでしょうね!

GPTに変換する方法はいくつかありますが、インストール途中で変換作業するにはコマンドプロンプトからの作業がもっとも良い方法でしょう。

「Windowsをインストールするパーティションを選択」画面の状態で(念のために「ドライブ0パーティション2」を選択状態にしておいた方がよいのかも知れません。)「Shift+F10」同時押しでコマンドプロンプトを立ち上げ以下のコマンドを順番に入力します。

※「」は入力の必要はありません。スペースの箇所は半角スペースを挿入して下さい。

  • 「diskpart」diskpartを立ち上げます。
  • 「list disk」ディスク番号の確認、画像のディスクの下にディスク0とあります。※未確認ですがハードディスクが複数の場合はこちらも複数表示されるのかも知れません。今回は1台です。
  • 「select disk 0」確認したディスク番号を指定します。今回は0を指定、ちなみに数字のゼロです。※未確認ですがハードディスクが複数の場合はこちらも複数表示される可能性があるので指定を間違わないようにしましょう。今回は1台です。
  • 「clean」指定したディスクをリセットします。
  • 「convert gpt」GPTに変換、diskpartは選択されたディスクをGPTフォーマットに正常に変換しました。と表示されたら変換は完了です。
  • 「exit」diskpartを終了します。
赤線の一番上はわかりにくいですが「diskpart」と入力

一度インストールを中止します。

変換終了からインストールを進めようとしても今回は進めませんでしたので、一度右上の×を選択してインストールを中止してから、もう一度最初から実行すると画像のように「次へ」ボタンが押せるようなりインストールは正常に最後まで終了しました。

お疲れ様でした。

ご注意

当店は出張サポート専門です。
作業についての詳細を教えてほしい等、記事内容のお問い合わせ受付はしておりません。
そのような場合は出張サポートをご依頼下さい。
またこの記事を参考に、ご自分で作業された場合での損害や障害が発生しても当店は一切責任は負いませんのでご了承下さい。
この記事の内容は投稿日時点での内容です。時期によっては仕様などの変更により、この記事のとおりではない場合もございます。

Follow me!