パソコン画像
メール

MailStoreHomeのエクスポートで「この機能にはMicrosoft OutlookXP/2003以上が必要です。」とエラー発生

本日はメールのデータが移行できないという依頼でした。こちらの作業はお客様の勘違いでしたので記事にするほどではありませんでしたが、今から半年ほど前に同じような依頼内容で気になった事を思い出しましたので、そちらを記事にします。
その時の依頼内容は今日と同じメールのメッセージデータ移行がうまくいかないという事です。

症状を確認

お客様はパソコンに詳しい方でした。
2台のパソコンでメールのデータ移行を行うと、1台は問題なく移行できたが、もう一台にエラーが発生するようです。
以前のパソコンはWindows7でメーラーはWindows live mailです。そのメッセージデータを新しいWindows10のOutlookに移行されようとしていました。
先にlive mailとOutolookの機能で移行を試しましたが、うまく出来ずにネットで調べると手間がかかると分かったので、同じくネットで調べてMailStore Homeを使ってメッセージデータの移行をされていたようです。

そのエクスポートの作業中に「この機能にはMicrosoft Outlook XP/2003以上が必要です。」と表示されて作業が進まなくなったようです。

MailStore Homeの事やメッセージデータの変換方法等を詳しく知りたい方は
PC修理・ITトラブル完全サポートさんのホームページをご覧下さい。
【失敗しない!!】Windows Live MailからOutlookへデータを移行する方法【Outlook2010,2013,2016,2019,365対応】
非常に詳しく、しかもわかりやすく解説しておられます。
もしよろしければ一読して下さい。

ここで簡単にWindowsメーラー(メールのソフト)の流れを説明します。
Windowsには以前Outlook expressというメーラー(メールのソフト)が標準で搭載されていました。
実は同じようにそのころからOfficeをインストールしているパソコンにはメーラーのOutlookもありました。
私の感覚ですが圧倒的にOutlook expressが使用されていたと思います。
Officeが有償であったのも理由だと思いますが、その当時はパソコンを買えばOfficeは基本的にはインストールされていましたから別に理由があるのでしょうか。選択肢はあったはずですが、当時はなんのためらいもなくOutlook expressを使用してましたね。
随分昔ですが、あるインターネット接続サービスの初期設定の仕事を受けていた時、数多くのお宅を訪問作業しましたが、Outlookの設定をした覚えがありません。
話はそれましたが、Outlook expressはその後、Windows VistaよりWindows mailと形を変えました。その後、Windows live mailと進化していきました。
Windows live mailも2017年1月にサポートが終了したので、その後は主にOutlookが使用されるようになったのですが、Windows live mailのメッセージデータは破損するといった事が頻発して、今回紹介するようにうまく移行できない事が多い事や、起動できないパソコンでもデータ救出後からの作業可能な事から「MailStore Home」はよく使用されているソフトです。

「この機能にはMicrosoft Outlook XP/2003以上が必要です。」実は結構あるある。

去年はWindows 7のサポートが年明け2020年1月に切れる関係で、非常に数多くのパソコン入替作業があり、上のポイントでも説明したように live mailが多く使用されていましたので、live mailからOutlookの移行作業が多く、同じトラブルの依頼内容が結構ありました。

解決方法はOfficeのストアアプリ版をディスクトップ版に入れ替える事で解消されます。

Officeのストアアプリ版からディスクトップ版に入替を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
キュリオステーション志木店のブログ
パソコンのOfficeを、ストアアプリ版からデスクトップ版に入れ替える手順【図解入り】
こちらも詳しく、丁寧に解説されています。

しかし なぜか今回は違いました。

お客様のパソコンのOfficeはディスクトップ版がインストールされていました。

私:「ちゃんとディスクトップ版がインストールされていますね!

お客様もストアアプリ版のことは調べていたらしく

お客様:「だからプロに依頼したんや!

と返されました。

結構 プレッシャーかけてくるな

冷や汗をかきながら、色々調べてみるも全然解決方法がわからない・・・
悪い頭をフル回転させて、過去に似たようなトラブルがなかったか思い出してみると
そういえば、前にもWindows xpのサポート切れの時期に、結構移行に失敗した事を思い出し

あれはたしか・・・・・・・ 思い出した!!

メールメッセージデータの件数が多い時にエラーが頻発していた事です。

解決の糸口が見えてきた

お客様に了解を得て、以前のパソコンのWindows live mailを見させてもらいました。

すると思った通りに、メールの受信フォルダなどが数多く並び、受信データは数えてはいませんが十万件以上はありそうです。おまけにフォルダの下のほうには以前インポートしたであろうフォルダ「インポートされたフォルダ」が残っており、その中も数多くフォルダが存在しています。メッセージデータも数万件のデータが存在しています。

ライブメールの画像
この画像はイメージです。

以前よくやっていた方法を試す

これだけの数を一気にエクスポートしたら、エラーが発生してもおかしくありません。
試しに、以前よくやっていた方法を試します。
なるべくデータ数の少ないフォルダをひとつひとつエクスポートしてみました。
「少しづつ作戦です。」
効果あり、問題なくエクスポートできます。

そこでMailStore Homeのエクスポートの作業時に、上部の「すべてのフォルダ」を選択するのではなく、「Inbox」などを個別に選択します。「Inbox」内にもフォルダが作成されていればそのフォルダを個別に選択します。(まとめて作業するとエラー発生時、どこから再作業してよいかわからなくなるので、常にひとつひとつ個別に行います。)

作業中の画像
この画像はイメージです。

試しにこの方法でフォルダ3つほど作業しましたがエラーは発生しません。

これは大変な作業です。

お客様も横でご覧になっていましたから、エラーが出ずに作業できる事は理解してもらえました。
この方法でやれば、エクスポートに時間がかかる事と、メッセージデータを個別にOutlookに復元して個別に設定しなければいけない事を説明しました。
元々パソコンには詳しいお客様だったので、方法を教えてくれれば自分ですると言われましたから、そうして頂きました。

気になったので

その翌日に気になったので、お客様に連絡すると、ひとつのフォルダはエラーが出てダメだったけど古いデータなので問題ないらしく、新しいパソコンでも同じように以前のデータが確認できて良かったと言って頂けました。
Outlookに個別手動でデータ移行できるなんて、やはりできる人でした。
このお客様は細かい操作方法はあまり気にせずに、概念的な事を理解しようとしていましたからね。
それって結構重要です。

今回の作業について

今回の処理が正しいのか?もっと良い方法があったかもしれません。
例えば、インストールの失敗によるかもしれないのでOfficeの再セットアップやMailStore Homeの再セットアップ、他のパソコンでのデータ変換の実行などですが、正直それで移行できたかわかりません。
しかしお客様には納得して頂けて良かったですが、あまり参考にしない方が良いかもしれません。
特にOutlookに復元する作業は非常に面倒であまりお勧めはしません。
このお客様はパソコンに詳しい方で、なおかつ自己責任で作業すると言って頂けたのでお任せしました。当店でも作業しますが、丸一日、時間がかかりそうなので料金も負担になります。

最後に

メールメッセージの必要のないデータは削除などの整理を常に行っておくことをお勧めします。
文中でも書きましたが、データの数が多くなると移行時にエラーが発生しやすくなり、今回の様にスムーズに移行できない場合もあります。
もしかすると移行自体、データが破損して出来ない場合も考えられますので日頃から行う事をお勧めします。
どうしても必要な分はしょうがないとしても、本当に必要のないメールは削除しておくか、どちらか迷うのであればデータをファイル単位でパソコン内や外付けハードディスクなどに保存して、メーラー内は削除しておくのもひとつの方法だと思います。

当店は出張サポート専門です。
作業についての詳細を教えてほしい等、記事内容のお問い合わせ受付はしておりません。
そのような場合は出張サポートをご依頼下さい。
またこの記事を参考に、ご自分で作業された場合での損害や障害が発生しても当店は一切責任は負いませんのでご了承下さい。
この記事の内容は投稿日時点での内容です。時期によっては仕様などの変更により、この記事のとおりではない場合もございます。