パソコン画像
アプリ

NEC PC-NS300RAW-YC リカバリディスク作成方法

ノートパソコンの画像

代行購入した、NEC PC-NS300RAW-YC

本日は以前に代行購入したノートパソコンを初期設定して納品をしました。
今回は初期設定のなかでも、ひとつだけ記事にしておきたい事がありました。
それはリカバリディスク作成です。

ここで基本的な事をおさらいしておきましょう。

リカバリとは・・・リカバリをする時は、基本的にはパソコンに何らかのトラブルが発生している時です。パソコンが起動しない、ウイルスに感染したなど、そういったソフト的なトラブルをすべてクリアして、購入時の状態にもどす事でトラブルを解消します。そのことをリカバリと言います。
別にトラブルが発生していなくても、遅くなったパソコンの調子を戻すためにリカバリする事もあります。

トラブルが発生した時にはリカバリを用いる場合があります。ハード的にトラブルが発生していなければ大抵トラブルは直りますが

ハードディスク内のデータは消去されてしまうので、バックアップは必須です。

余談ですが、経験上お客様がパソコンメーカーの購入時という意味をなにもかも購入時と同じであると思っていた方が多かったような気がします。実際にはそうではなくOfficeだけはリカバリで戻りません。
以前はパソコンを購入するとワードやエクセル等がそのまま使用できていましたが、リカバリするとワード、エクセルなどが入ったOfficeを単独で再インストールと認証をしなければいけないので、当店でもリカバリ作業前、お客様にOffice製品の有無を確認すると、どこやどこやの家探しが始まります。(これってパソコンサポート業者あるあるだと思いますよ!)
現在のパソコンは初期設定からOfficeのセットアップも必要です。
これも余談ですが、現在家電量販店で販売されているパソコンのほとんどはOffice初期設定時にシリアル番号の入力→ダウンロード→マイクロソフトアカウントがなければマイクロソフトアカウントのIDとパスワードを取得設定してインストールします。
リカバリをしてOffice再インストールの時に大抵シリアル番号はわかるのですが、マイクロソフトアカウントのIDとパスワードが不明な場合が多く

わからない場合は困った事にOfficeの買い直しとなるので注意が必要です。
シリアルナンバーだけではインストールできません。

以前のパソコンはリカバリディスクが添付されていました。

どのくらい前でしょうか。おそらくWindow XPあたりまではリカバリ用のCDがマニュアル等と同じように添付されていましたが、Vistaあたりからパソコンのハードディスク内にリカバリのプログラムを内蔵させて出荷されるようになりました。現在はこのリカバリ内蔵での出荷がほとんどです。

内蔵されているのなら作成する必要ある?

このハードディスクに内蔵されているのが、実は曲者でハードディスク自体にトラブルが発生するとリカバリできない状態になる事もあるのです。
その場合トラブルの内容によっては余計な出費が発生する場合がありますので作成する必要はあると思います。
当店で代行購入をして初期設定まで依頼して頂くとリカバリディスク作成をしますが、自身で購入された場合、ほとんどの方が作成していないと思いますので、今回はお勧めの意味を込めて記事にします。
できればリカバリディスク作成は新品時に作成することもお勧めしておきます。
作業は難しくはありませんが、若干手間と時間がかかります。

今回ご紹介するのはNEC PC-NS300RAW-YC限定ですがNECであれば、ほとんど同じだと思います。
他のメーカーやNECでも出荷時期が離れている場合はこの通りではありません。
その他メーカーはまた機会がありましたら記事にします。

準備その1

未使用のDVD-RかDVD-R2層式またはUSBフラッシュメモリ、ブルーレィドライブ搭載機種はブルーレィも使用できます。
DVD-Rは6枚必要でもっとも作業時間が掛かります。今回はDVD-Rを使用しましたが約2時間かかりました。

USBフラッシュメモリは32GB必要でFAT32形式でフォーマットする必要があります。
フォーマット方法はディスクトップまたはエクスプローラーのコンピューターを右クリック→管理をクリック→左メニューの「ディスクの管理」を選択→USBメモリを右クリックして「フォーマット」を選択、ウィザードに従いファイルシステムの選択で「FAT32」を選択して作業します。

※間違ってCドライブなどを選択してフォーマットしてしまうと取り返しがつかないトラブルになるので、自信がない場合は、絶対この作業はせずにDVD-Rで行うようにして下さい。

準備その2

●ノート・モバイルパソコンはACアダプターで電源を取るようにして下さい。

●接続されている周辺機器を取り外す。

●スクリーンセーバーが起動しないようにする。
スタート→設定→個人用設定→ロック画面→スクリーンセーバー設定→スクリーンセーバーで「なし」を選択。

●省電力機能が動作しないようにする。
「ディスプレイの電源を切る」と「スリープ」も切ります。
コントロールパネル→システムとセキュリティ→電源オプション内のコンピューターがスリープになる時間を変更を選択→バッテリー駆動時、電源に接続時すべての「ディスプレイの電源を切る」と「コンピューターをスリープ状態にする」の両方に「適用しない」あるいは「なし」を選択。
「ディスプレイを暗くする」の項目がある機種も「適用しない」あるいは「なし」を選択して下さい。
※バッテリー駆動時の設定は作業終了後、元に戻しておきましょう。

この設定をしていてもモニタが暗くなる場合は、面倒ですが適当なタイミングでマウスなどを動かし省電力モードに入らないようにして下さい。

●インフォボードをサイネージモードで起動しないようにする。
なんのこっちゃですが、NECのパソコン独自機能でスクリーンセーバーのようなものです。
一定時間パソコンを放置すると様々な情報を盛り込んだ記事が画面上に表示される機能があります。その事だと思います。
画面上でこのようなガジェットが表示されています。ない場合は下に2つ目の画像にあるタスクバーアイコンをクリックして下さい。

赤丸「設定」をクリックします。

ガジェットの画像
アイコンの画像

サイネージモード設定を選択して「自動起動を利用する」の右横を「Off」にスライドさせます。

ガジェットの画像

●自動再生機能を動作しないようにする。
スタート→設定→デバイス→左メニュー自動再生→すべてのメディアとデバイスで自動再生を使うをOffにする。
私は今回自動再生を停止させるのを忘れました。
それでも作業完了したので、心配な方は無効にして下さい。

●起動中のアプリを停止させる。
ウイルス対策ソフトは停止させておいた方がよいかもしれません、その他は停止の仕方がわかれば停止させて下さい。各アプリの停止方法は申し訳ございませんがご自身でお調べ下さい。
作業に失敗する可能性はありますが、私は特に停止作業はしませんでした。

作業前にご注意

マニュアルによるとこの作業は1回きりで2回目はできないらしいので作業を始めたら最後まで行う方が良いと思います。
時間に余裕がある時に作業しましょう。
再起動やサインアウト、ユーザーの切り替えなども行わないようにして下さい。
作業を途中で止めた場合、再作業ができるかどうかマニュアルの記載がどこにあるのかわかりませんでしたので、もし気になる方はNEC121コンタクトセンターに問い合わせして下さい。

作成作業を始めます。

スタート→「再セットアップメディア作成ツール」をクリックします。

スタートアップの画像

ない場合はスタート→「LAVIEアプリナビ」を起動、キーワードから探すタブ→キーワードを入力して検索します。

LAVIEアプリナビの画像

すると以下のようなメッセージが表示されます。

メッセージの画像

これはアプリを「管理者として実行」する事で起動できます。
スタート→「再セットメディア作成ツール」を右クリック→その他→管理者として実行を選択

スタートメニューの画像

起動しました。
作成するメディアを選択して「次へ」を選択します。
基本的にはUSBメモリがよいでしょう。ディスクの入れ替える手間もありませんし作業時間も短くなります。
私はDVD-Rを大量購入しているのでDVD-Rで作業しました。

再セットアップメディア作成ツールの画像

次に「作成開始」を選択して作業を開始します。

再セットアップメディア作成ツールの画像

1枚目の作業が終わると、ドライブが「カシャンッ」と空きメッセージが表示されますので、新しい未使用のDVD-Rをドライブに挿入して「作業開始」を選択します。
読み込みに少しだけ間がありますので慌てずに!
これを最後まで繰り返します。

USBメモリの場合は入れ替え作業がないと思います。

※メッセージにも書かれていますが、DVD-Rに機種名と何枚目なのか必ず記載して下さい。

再セットアップメディア作成ツールの画像

最後までエラーもなく終了したら完了です。
使用の機会がないほうが良いのですが、念のためになくさないように保管して下さい。

当店は出張サポート専門です。
作業についての詳細を教えてほしい等、記事内容のお問い合わせ受付はしておりません。
そのような場合は出張サポートをご依頼下さい。
またこの記事を参考に、ご自分で作業された場合での損害や障害が発生しても当店は一切責任は負いませんのでご了承下さい。
この記事の内容は投稿日時点での内容です。時期によっては仕様などの変更により、この記事のとおりではない場合もございます。