パソコン画像
アプリ

ウイルスバスタークラウドのシリアル番号の変更をしてみました。

午前中に大阪市内のサポートを終えて、午後から奈良市内へ向かいアプリの操作指導にお伺いしました。
その時にお客様からウイルスバスター3年分の新品パッケージを渡され、ついでに継続作業を依頼されました。
何度かお伺いしているお客様なので、ウイルスバスターがインストールされている事はわかっています。

しかしウイルスバスター有効期限満了の対応は、通常は契約更新作業です。
新品のパッケージでもシリアル番号の変更、もしくは再インストールで対応は可能ですが、以下の点に注意が必要です。

シリアル番号の変更で新たなシリアル番号にすると、その設定をした時から3年間有効となりますので有効期限を満了してから行うようにしないと、現在の残り日数22日が無駄になります。

お客様にその事を説明すると、別にそれぐらいかまわないとおっしゃったので、再インストールは手間がかかりますし、最新のウイルスバスターに更新されていますので今回はシリアル番号の変更で作業します。

ウイルスバスターのメイン画面の右上の人マークの 「製品登録情報」 を選択すると「お客さま情報」が表示され、その画面に有効期限が表示されています。

シリアル番号の変更をクリックして

ウイルスバスターの画像

新品のパッケージに記載されているシリアル番号を、新しいシリアル番号のテキストボックスに入力して「次へ」

「保護機能を有効にする」画面

ウイルスバスターの画像

上の画面でメールアドレスを入力するのですが、こう書かれています。
「以前にトレンドマイクロ製品を有効にしたことがある場合、以前に登録したメールアドレスを入力して下さい。」
おそらく以前と同じメールアドレスを入力するのでしょう。
「お客様情報」の画面で一部伏字ですが登録しているメールアドレスが表示してありますから、以前入力したメールアドレスは検討がつきます。

お客様に確認すると、そのメールアドレスは現在使用していないから別のメールアドレスを入力してほしいと言われましたので、どうなるかわかりませんが別のメールアドレスを入力しました。

すると次にパスワードの設定画面が表示されて、パスワードを設定すると保護機能が有効になりました。
お客様情報でも契約期間は延長されていますので、特に問題なく作業を完了しました。