パソコン画像
アプリ

Trend Micro Anti-Malware Solution PlatformのCPU使用率が高い!

パソコンのイラスト

本日、午前中にお問い合わせ頂いたのはパソコンの動作が遅い事でお困りのお客様です。

■目次■ 文字をクリックするとジャンプします。

症状を確認

お盆休み明けで予定もなかったので、事務仕事を済ませ午後から訪問しました。
到着後、パソコンを操作してみると確かに動作は遅いと言うか、気絶してるのかと思うほど反応が悪いです。

タスクマネージャーを起動してみると

あちゃ~!

Trend Micro Anti-Malware Solution PlatformがCPU使用率を上げています。

タスクマネージャーの画像

どうやら、某セキュリティーソフトが原因のようです。

基本的な対応方法

この症状は初めてではありません。
いや どちらかというと何度かこの症状には遭遇していますが、かなりの確率で再発します。

この症状の対応方法は

  • 某セキュリティソフトを最新の状態にする。
  • それでも改善しない場合はソフトの再セットアップです。

他にも細かい事はあるかもしれませんが、主にこの2点でしょう。
これらを行えば、再セットアップ直後は安定しますが、早い場合は翌日には再発している事がありました。

実を言いますと、このお客様も以前同じ症状で上にある方法で、対処したんですが再発してしまいました。

今回は再セットアップはしません。

先ほども書きましたが、このような症状は他のお客様でも何度か経験しています。すべてのパソコンが再発している訳ではありませんし、最初からこのような症状が出ないパソコンがほとんどだとは思いますが、今回は様子見も兼ねて再セットアップせずに症状を止めようと思います。

方法は簡単です。

某セキュリティソフトを終了させてから、タスクマネージャーにてTrend Micro Anti-Malware Solution Platformを終了させます。
この時点でパソコンはスイスイ動きます。

パソコンを再起動させてからタスクマネージャーを確認すると
収まっています。

タスクマネージャーの画像

何度かパソコンを再起動させて確認しましたが、直後は画像のように安定していました。
さすがにお客様には再発を前提としての作業である事は説明しています。
症状が再発した時には連絡を頂くようにして、さらにその直前にどのような操作をしたか等、メモして頂くようにお願いして。またこちらからも様子を見にお伺いするお約束をしました。

また、何かあれば記事にします。

当店は出張サポート専門です。
作業についての詳細を教えてほしい等、記事内容のお問い合わせ受付はしておりません。
そのような場合は出張サポートをご依頼下さい。
またこの記事を参考に、ご自分で作業された場合での損害や障害が発生しても当店は一切責任は負いませんのでご了承下さい。
この記事の内容は投稿日時点での内容です。時期によっては仕様などの変更により、この記事のとおりではない場合もございます。