DELL OptiPlex3060をHDDからSSDに交換

分解のご注意

分解をご自身で行う場合は自己責任でお願いします。

記事については作業ポイントを中心に掲載しております。従って全ての作業工程を掲載している訳ではありません。

パソコンの分解にはある程度の知識と経験が必要なので、不用意に作業しないようにしましょう。

また実際に作業をされた場合に「大丈夫かな?」と不安に思った場合は深追いせずに作業を中止して下さい。パソコン破損やご自身のケガに繋がります。

本日は以前から仕事が空いたらHDDからSSDへ交換してほしいと希望されていたお客様が、この連休はパソコンで仕事しないからと依頼されました。
事前に予約して頂けたら休みでも仕事はします。

SSDをフォーマット

パソコンに新しいSSDをUSBで接続してフォーマットを行います。

SSDをパソコンに接続してからコンピューターの管理→ディスクの管理を選択すると「ディスクの初期化」が開きます。
まずここで迷うのが「パーティションスタイル」の選択です。「MBR」なのか「GPT」を選ぶのか迷いますよね。

私は基本的には現在使用しているHDDのパーティションスタイルと合わせましょう。

その理由は失敗する確率が低いからです。

HDDのクローン作業はまれに失敗する作業です。

しかしクローン作業は時間がかかる作業なのであまり失敗してほしくない作業ですよね!

なるべく失敗しないようにしてあげましょう。

EaseUS Todo Backupパーティションスタイル確認

EaseUS Todo Backupでソース・ターゲットを選択するメニューでパーティションスタイルが確認できます。

EaseUS Todo Backupでクローン作業

当店はこの「EaseUS Todo Backup」をよく使用しています。

EaseUS Todo Backupについてより詳しい内容は公式ページこちらからどーぞ

こちらのクローン方法や先ほども書きました。パーティションスタイル確認方法などは調べて頂けばいくらでも出てきますので、お調べ下さい。

今回は無事に作業完了しました。

HDDからSSDへ交換作業

側板を外すとHDDが目の前に現れます。

フロントカバーを外します。フロント部分を浮かせて爪を外すとスムーズに外す事ができます。

ロック解除を右だったかな左だったかな、すいません忘れてしまったのですが、どちらか外れる方にスライドさせれば外れます。

ケーブル等を外してHDDを取り出します。

DELLはこのように取外す場合の矢印が記されていますので、ここは素直に矢印の方向へ力を加えます。

HDD取り外した後にクローン作業をしたSSDをマウントを使用して取付ます。

さぁ! 無事に起動するでしょうか?

ブログで間を持たしてもしょうがないのですが、今回は無事に起動してくれました。環境もコピー出来ているようです。
動作は体感でも随分早くなりました。

SSDは以前に比べて安価になりましたので、これはお勧め作業です。

ご注意

記事内容や作業についての詳細を教えてほしい等のお問い合わせや受付はしておりません。
そのような場合はサポートをご依頼下さい。

またこの記事を参考に作業される場合は自己責任でお願いします。作業された場合での損害や障害が発生しても当店は一切責任は負いませんのでご了承下さい。

この記事の内容は投稿日時点での内容です。時期によっては仕様などの変更により、この記事のとおりではない場合もございます。