自動車鈑金簡易見積ソフトプロトリオス「EGwebプロ」

こんにちは! イマジネットPCサポートの橋崎です。

今回、自動車整備工場様から鈑金見積システムを導入するにはどのぐらい費用が掛かるのかお問い合わせを頂きました。

整備工場にとっての鈑金見積りソフト

基本的に整備工場であれば、事故修理の見積作成ソフトはあまり必要がないように思います。

当店も長年、自動車関係のソフト販売をしていますが、整備工場が鈑金見積りソフトを導入している件数は非常に少なく感じます。

しかし、潜在的な需要はあるようで、一定数、整備工場でも鈑金見積りソフトのお問い合わせは頂きます。

導入のネックは費用対効果

鈑金見積りソフトは非常に便利なソフトです。

様々な車種が存在しますが、それらの部品データや塗装データ、また見積に必要なデータが収録されています。そしてそのデータを元に見積書などを作成してデータベースに格納して活用できる仕組みとなります。

完全な業務用ソフトになるために費用はそれなりに必要です。

また鈑金見積りソフトの特性上、自動車の部品データの更新は必須です。このデータ更新の料金が継続的に必要となるため整備工場では費用対効果を考慮すると導入に踏み切れない要因となります。

プロトリオス「EGwebプロ」

整備工場または鈑金工場でも費用対効果の面で導入に踏み切れない工場様は一度、プロトリオス「EGwebプロ」を検討してみては如何でしょうか。

料金はウェブサイトにも掲載しているように年間9900円で使用できます。

さらに月額コースも用意されているようなので、試しに使用されては如何でしょうか。

当店はこのお試しコースはお勧めです。なぜならデモ版は車種が限られており、実際の活用方法がイメージできません。

興味を持たれている工場様には実際に見積りしたい車種があるはずなので、やはりその車種で試してみるのが、一番です。

しかし、ソフトの操作面でのお試しはデモでも操作できるので、詳しくはプロトリオスのウェブサイトをご覧ください。リンクを張っておきます。

プロトリオス「EGwebプロ」はこちらから

おかげ様で全国の工場様からお問い合わせを頂いております。

興味がある方はお問い合わせフォームより

それでは!

ご注意

記事内容についてのご質問の受付は時間が取れませんので行っておりません。

ご自身が使用しているパソコンの状態・環境により、同じような症状であっても同じとは限りません。したがって記事に書かれている内容を行う事で必ずトラブルが解消されるとは限りません。またこの記事を参考に作業される場合は自己責任でお願いします。作業された場合での損害や障害が発生しても当店は一切責任は負いませんのでご了承下さい。

この記事の内容は投稿日時点での内容です。時期によっては仕様などの変更により、この記事のとおりではない場合もございます。