「計算できません」と表示されてPDFが印刷できません。

こんにちは! イマジネットPCサポートの橋崎です。

夏本番と言った気候になってきましたね、気温変動が激しい時期は体調を崩しやすいのでお互い注意しましょう。

ついこの間インターネットエクスプローラーのサポートが終了したのですが、それに絡んだトラブルです。

Microsoft EdgeからのPDFが印刷できない。

東大阪のお客様からお問い合わせがありました。

市役所のウェブサイトから「市政だより」と言うPDFファイルを印刷しようとすると「計算できません。」と表示されて印刷ができないのです。

この症状は必ず毎回発生する訳ではなく印刷できる場合もあります。試しにお客様の事務所にある他のパソコン5台で試してもらうと症状がでないパソコンもあれば出るパソコンもあります。ちなみに当店のパソコンでも症状は出ました。

またこの「計算できません。」とエラーの出るタイミングはパソコンにより様々で、「印刷」ボタンを押したタイミングのパソコンもあれば印刷部数や印刷ページ指定等の操作をしたタイミングで発生したパソコンもありました。

Microsoft Edgeではサイト内PDFはEdgeで開きます。

インターネットエクスプローラーではサイト内でPDFを開く場合は既定のプログラムが適用されていました。つまりPDFファイルを開くアプリをAcrobat Readerに設定していればAcrbat Readerで開きます。

しかしEdgeではサイト内でPDFファイルを開く場合はEdgeで開かれてしまいます。

これはパソコンがおかしくなった訳ではなく同じPDFファイルをパソコン内にダウンロードして開けばAcrbat Readerで開きます。つまりそういう設定なのでしょう。

上で説明したように症状の出たパソコンでもPDFファイルをダウンロードしてAcrbat Readerでの印刷は問題なく何回でも印刷できます。

インターネットエクスプローラーでは発生しなかったトラブルです。

ではインターネットエクスプローラーを使用するかな!

そういう訳にはいきませんよね!

今回はこのように対応しました。

申し訳ないですが、PDFを開くためにEdgeを使用するとトラブルが発生するので使用しないように設定します。

EdgeにはPDFファイルの扱いを設定する項目があります。

Edgeを起動させ右上の「・・・」を選択してメニュー内の「設定」を選択します。

設定が開くと左の「Cookieとサイトのアクセス許可」を選択して右側の「PDFドキュメント」を選択します。

PDFドキュメントが開くと「常にPDFファイルをダウンロード」の右側のスライドを右へずらします。特に保存の操作はありませんのでそのまま閉じます。

これで規定のアプリをAcrbat Readerに設定している場合はPDFは開かずにダウンロードされます。

動作の確認をしましょう!

市役所のサイトから市政だよりのリンクをクリックします。

先程の設定が反映されているとPDFファイルは開かずに右上にダウンロードメニューが開くので「ファイルを開く」を選択します。

EdgeではなくAcrbat Readerで開かれているので印刷も問題ありません。

ご苦労様でした。

ご注意

記事内容や作業についての詳細を教えてほしい等のお問い合わせや受付はしておりません。
そのような場合はサポートをご依頼下さい。

またこの記事を参考に作業される場合は自己責任でお願いします。作業された場合での損害や障害が発生しても当店は一切責任は負いませんのでご了承下さい。

この記事の内容は投稿日時点での内容です。時期によっては仕様などの変更により、この記事のとおりではない場合もございます。