Outlook365でオプションのチェックを付けてもその状態を保存しない。

今回はメールのトラブルです。

今日は代行購入の予定で大阪市内に出掛けていたのですが、その移動中にお電話を頂きまして

お客様

メールの送信をしても送信トレイに入るだけで送信出来ないんです。

だったのですが、しばらくして再度、電話が鳴り

お客様

色々触っていたら送信は出来るようになったけど、送ったメールが送信済アイテムに残っていないの!

なるほど、ひとつ目のトラブルはよくある内容です。

メールのオプションから設定出来たはずですから、ふたつ目も同じオプションの設定だと予測して

今、近くにいてるので先にお伺いします。

と返事をしてお客様のところに向かいました。

ちょっと解説

おそらくOutlookの初期値はメール作成をして送信ボタンを押すと送信して送信済アイテムにそのメールデータが残る設定です。
このお客様も今まではそうでした。
送信済アイテムにデータが残らないと本当に送れたのかどうかの確認が出来ません。
したがってわざわざ送信先に確認していたようです。
メールは問題なく送信出来ていました。

到着して設定の確認

とりあえず、色々触っているうちに送信出来たと言う事ですが、疑わしい設定があるので、最初にお問い合わせ頂いていた内容も確認します。

送信データが送信せずに送信トレイに入ってしまうのはOutlookを起動してファイル→オプション→詳細設定→送受信→「接続したら直ちに送信する」のチェックボックスの状態を確認します。

やはりチェックは入っておらずチェックを入れ動作の確認をしました。

実際の画像ではありません

あれ!?

試しに送信したのですが、送信トレイに入り送信していません。

再度、設定を確認したらチェックが入っていません。

うっかりもありますから、もう一度チェックを入れて動作確認です。

やっぱりダメです!

送信トレイに入るだけで、設定のチェックも入れたはずが入っていません。

当然、「OK」ボタンも押しています。

原因は「Outlookの設定をクラウドに保存する」でした。

調べてみるとオプション→全般→「Outlookの設定をクラウドに保存する」にチェックが入っているとこのような現象が出る場合があるらしいです。

確認してみるとチェックが付いていました。

実際の画像です。

このチェックを外してからもう一度動作の確認をすると問題なく送信出来ました。

もうひとつの送信済みアイテムにデータが残らない設定は
ファイル→オプション→メール→メッセージの保存→「送信済みアイテムフォルダーにメッセージのコピーを保存する」にチェックはなく、入れると問題なく表示されるようになりました。

なぜ急にこのような設定になるの?

お客様からすればそう思うのは当然です。

自分で設定の変更をした覚えもありませんからね!

おそらく正常時はオプション内のこの2つのチェックも入っていたのでしょう。しかしなんらかの原因でこのチェックが外れて、また「Outlookの設定をクラウドに保存する」にチェックが入る事で設定の保存が出来ない状態になっていたのでしょう。